泉パークタウンはこんなまち

街開きから40年、成熟を深めています。

総開発面積1,070ha。泉パークタウンのマスタープランに描かれたこのスケールは、人が自然とふれあいながら快適に暮らすための理想的な都市の規模として考えられたものです。その街づくりは、多彩な生活機能を備えた複合型の都市がテーマ。1974年の街開き以来、着実に成長を続けています。

詳しい歴史はこちら

泉パークタウン概要

◎人口
26,222人
◎世帯数
9,776世帯

(2014年4月1日現在)

◎街開き1974年
◎総開発面積1,070ha

ビューティフルピープル このまちを愛する方々をご紹介しています。

素晴らしい街をホームに活動できることを誇りに、
地域の皆様により愛されるクラブを目指します。

ベガルタ仙台 総務部長 白河広哉さん

2014年9月17日に、紫山西側の自然豊かな地に「ベガルタ仙台紫山サッカー場」がオープンいたしました。待望のトップチーム専用となるこの新サッカー場は、ピッチコンディションも良く、最高の…

続きはこちら

  • バックナンバー

人にやさしいまちづくりに高評価 まちづくりへの一貫した理念が、評価・支持されています。

泉パークタウンは1998年、全国の高いデザイン水準を持つ100の街を選ぶ「都市景観100選」に選ばれ(国土交通省・都市景観大賞審査委員会)、また、2009年には仙台市内で「高級感のある街」第1位に選ばれています。さらに2013年には、「泉パークタウンのまちづくり」について、まちづくりの一貫した理念と総合運営・管理が評価され、三菱地所株式会社及び株式会社泉パークタウンサービスが公益社団法人日本不動産学会・業績賞を受賞しました。人と自然が調和するとともに地域コミュニティの形成にも配慮した、人々に豊かな暮らしをご提供するまちづくりが今日も続いています。

まちの景観・自然についてはこちら