まちの景観・自然

街路樹マップ

樹木の名前を押すと樹木の説明や写真が表示されると共に、植えられている場所が点滅します。写真にカーソルを合わせると撮影された場所が点滅します。

  • アキニレ
  • イタヤカエデ
  • イチョウ
  • イロハモミジ
  • エンジュ・イヌエンジュ
  • カツラ
  • ケヤキ
  • コブシ
  • サクラ
  • サルスベリ
  • シラカシ
  • トウカエデ
  • トチノキ
  • ナツツバキ
  • ナナカマド・トウカエデ
  • ハクモクレン
  • ハナノキ
  • ハナミズキ
  • プラタナス
  • メタセコイア
  • モミジバフウ
  • ヤマボウシ
  • ユリノキ
  • クロマツ
  • ケヤキ/桂
  • ケヤキ/寺岡
  • コブシ/高森
  • サクラ/寺岡
  • シラカシ/桂
  • トウカエデ/高森
  • トウカエデ/寺岡
  • ハクモクレン/桂
  • ハクモクレン/高森
  • プラタナス/寺岡
  • メタセコイヤ/紫山
  • モミジバフウ/桂
  • モミジバフウ/紫山
  • ヤマボウシ/紫山
  • ユリノキ/寺岡
  • ■■■ アキニレ
  • ■■■ イタヤカエデ
  • ■■■ イチョウ
  • ■■■ イロハモミジ
  • ■■■エンジュ・イヌエンジュ
  • ■■■カツラ
  • ■■■ ケヤキ
  • ■■■ コブシ
  • ■■■サクラ
  • ■■■ サルスベリ
  • ■■■ シラカシ
  • ■■■ トウカエデ
  • ■■■ トチノキ
  • ■■■ ナツツバキ
  • ■■■ナナカマド・トウカエデ
  • ■■■ハクモクレン
  • ■■■ ハナノキ
  • ■■■ハナミズキ
  • ■■■ プラタナス
  • ■■■ メタセコイア(アケボノスギ)
  • ■■■ モミジバフウ
  • ■■■ヤマボウシ
  • ■■■ ユリノキ
  • アキニレ【ニレ科】

    本州中部以西に分布する落葉高木です。9月に小さな花を咲かせるところから秋楡という名がつきました。乾燥に強く、街路樹や公園、校庭などの植栽によく用いられています。

  • イタヤカエデ【カエデ科】

    樹高20mにも達する落葉高木です。葉は五角形を横に平たくしたような形をしており、秋には黄色く色づきます。葉が開く前の4月~5月頃、黄緑色の小さな花をたくさんつけます。

  • イチョウ【イチョウ科】

    日本中に広く植栽されている落葉高木です。防火樹・防風樹として植えられています。イチョウは、ジュラ紀に全盛を誇ったとされ、世界各地で化石が発見されています。

  • イロハモミジ【カエデ科】

    葉は、掌状に5つから9つの切れ込みがあり、この数を「いろはにほへと…」と数えたことが名前の由来といわれます。秋には黄褐色から紅色の紅葉が鮮やかです。

  • エンジュ・イヌエンジュ【マメ科】

    中国を原産地とする落葉高木です。夏に黄白色の小さな花が咲きます。白楽天の詩には、高官に昇りつめた者は庭にこの木を植えたと書かれています。イヌエンジュは、葉や幹肌が異なります。

  • カツラ【カツラ科】

    全国各地に分布し、水湿のある渓谷の林などによく見られる落葉高木です。葉は丸みがあり、幹がまっすぐに伸びるのが特徴です。材は家屋、家具、まな板、碁盤などに広く用いられています。

  • ケヤキ【ニレ科】

    仙台の「市の木」。高木としては、市内で一番数多く植えられている樹木です。樹形はほうき状。硬く、木目も美しいことから建築材や家具などにも使われています。

  • コブシ【モクレン科】

    落葉の高木です。花は4月の上旬頃、香りとともに咲きます。春早く咲くことから迎春花とも呼ばれます。果実の形が人の拳に似ているところから名付けられました。

  • サクラ(ソメイヨシノ)【バラ科】

    サクラは数百種ありますが、街路樹として最も多く植えられているのはソメイヨシノです。害虫が付きやすいことなどの弱点もありますが、その美しさで人気に高い樹木です。

  • サルスベリ【ミソハギ科】

    中国原産の落葉小高木。7月~9月に、紅色、ピンク、白、紫色など夏空に映える美しい花が次々に咲き誇ります。樹皮が「猿も滑る」ほどすべすべしているのが特徴で名前の由来です。

  • シラカシ【ブナ科】

    福島県以南の暖地に自生する常緑の高木です。花は4月頃、穂状に垂れ下がります。葉には光沢があり、裏面が白っぽいのが特徴です。秋にはドングリの実をつけます。

  • トウカエデ【カエデ科】

    中国が原産の落葉高木です。10月下旬から紅葉し、赤・橙・黄に変化していく様はあざやかです。生長が旺盛で強い剪定にも耐えるので、街路樹に多く使われています。

  • トチノキ【トチノキ科】

    日本の山地に自生する落葉高木です。6月頃、枝先で円錐状に白い花が集まって咲くのがみられます。葉は大きく、柄が長く、掌状の複葉が特徴です。また、その果実は食用となります。

  • ナツツバキ【ツバキ科】

    別名シャラノキ。宮城県以西に分布する落葉高木で、樹高は10m程になります。6月~7月初旬に、白い花弁と黄色い雄しべのコントラストがさわやかな、直径5cm程の花を咲かせます。

  • ナナカマド【バラ科】樹高10m程度になる落葉高木。紅葉と赤い実が美しく寒い気候に適します。

    トウカエデ【カエデ科】樹高15m程度に育つ落葉高木。土地を選ばず、都市環境に順応します。

  • ハクモクレン【モクレン科】

    中国の中部地方を原産地とする落葉の高木です。花は大きく早春に開き、白く芳香があるのが特徴です。街路樹としてはもちろん、公園や学校などにも用いられます。

  • ハナノキ【カエデ科】

    日本の固有種で、高さは20m~30mにもなる落葉高木です。葉の出る前の4月、小さな紅色の花をたくさんつけます。秋には橙色や赤あるいは黄色の美しい紅葉が見られます。

  • ハナミズキ【ミズキ科】

    北米を原産地とする落葉高木です。花は5月に咲きます。花の色は、白、桃、赤などで可憐な表情を見せます。秋には真っ赤な楕円体の果実を付け、紅葉もあざやかです。

  • プラタナス【スズカケノキ科】

    世界四大街路樹のひとつに数えられる落葉高木です(他はニレ、ボダイジュ、マロニエ)。生長力が旺盛な樹木です。成木になるにつれて樹皮がはがれ、まだら模様になります。

  • メタセコイア【スギ科】

    中国四川省が原産地で、生きている化石植物として有名です。樹形は美しい円錐形で、高さ20mほどに生長します。春に花が枝の先に垂れ下がってつき、秋に独特な赤褐色に紅葉します。

  • モミジバフウ【マンサク科】

    北米を原産地とする落葉高木です。それであることからアメリカフウとも呼ばれています。晩秋の紅葉が美しいのが特徴です。葉は5~7の掌状に裂けている。(台湾・中国東南部原産のフウは、葉が三つ手)

  • ヤマボウシ【ミズキ科】

    本州、四国、九州、朝鮮半島、中国に分布している落葉高木です。幹は直立し、分岐が多いのが特徴です。花は7月頃、枝端に群生して出ます。果実は夏の終わり頃に赤く成熟します。

  • ユリノキ【モクレン科】

    北米東部が原産地の落葉高木です。6月頃、緑黄色の花が咲きます。葉の形が、職人の袢纏に似ていることからハンテンボクとも呼ばれています。生長が早く、高さが30~40mにも達するものもあります。


  • ケヤキ/桂

  • ケヤキ/寺岡

  • コブシ/高森

  • サクラ/寺岡

  • シラカシ/桂

  • トウカエデ/高森

  • トウカエデ/寺岡

  • ハクモクレン/桂

  • ハクモクレン/高森

  • プラタナス/寺岡

  • メタセコイヤ/紫山

  • モミジバフウ/桂

  • モミジバフウ/紫山

  • ヤマボウシ/紫山

  • ユリノキ/寺岡