まちづくりの理念

「住む」「働く」「憩う」「学ぶ・集う・楽しむ」トータルバランスのとれた理想の都市をめざして。

総開発面積1,070ha。泉パークタウンのマスタープランに描かれたこのスケールは、人が自然とふれあいながら快適に暮らすための理想的な都市の規模として考えられたものです。その街づくりは、多彩な生活機能を備えた複合型の都市がテーマ。タウン内には、住宅や商業施設、スポーツ・レクリエーション施設、緑あふれる公園・緑地などがバランスよく配され、それぞれが調和し合う独自のゾーニングによって、理想的なアメニティが創り出されています。生活することも、休日を楽しむことも、学び育つことも、そして働くことも、この街だけで完結できる、環境の豊かさに満たされた「人間中心」の都市へ。泉パークタウンは住む方々と一緒に、未来へ向かって大きく成長を続けています。

コミュニケーションワードについて
Beautiful Town,Beautiful People,Beautiful Life. 美しい街に、美しいあいさつが響く。一日の出会いの中で交わされる「あいさつ」。これほどこの街の風景に似合う言葉があるでしょうか。あいさつの一言で、その幸せを分かちあえる街。人と人の心が通い、これからを見つめ合う街。美しいくらしの数だけ、美しい言葉が輝いています。

泉パークタウンを表現する言葉として、そしてこれからの泉パークタウンにもこのように在り続けて欲しいという想いを「Beautiful Town,Beautiful People,Beautiful Life.」としてコミュニケーションワードに込めました。